日大生産工学部建築工学科

現在地
ホーム  > スタッフ紹介  > 湯浅 昇 教授

湯浅 昇 教授

湯浅 昇 教授

専門 建築材料学、コンクリート工学
研究テーマ 表層コンクリートの品質およびその評価方法の研究、鉄筋コンクリート造の仕上、鉄筋コンクリート造の施工/解体、鉄筋コンクリート造の劣化/維持保全、レンガ造/石造/版築の維持保全/耐震性向上
主な担当授業科目 建築構造材料、建築材料科学、建築維持保全、建築実験Ⅱ、生産工学特別講義
関連リンク
出身地 北海道札幌市
趣味 旅にでること

先生への質問

現在の研究分野について教えてください。

私の専門はずばり「コンクリート」。それをひとつの塊でみるのではなく、その内部と外では品質が異なるということから立脚し、強度、劣化を論じることに力を注いでいます。
それを解きほぐすキーワードは「水」と「細孔構造」です。これを言語化し、コンクリートの状態を論じることを考えています。
他に、イタリアの組積造、ブータンの版築の耐震性向上のプロジェクトに関わっています。

トップヘ戻る

卒業研究について

最近では、下記のことを展開しています。

コンクリートの物性
鉄筋コンクリート造の仕上
鉄筋コンクリート造の施工/解体
鉄筋コンクリート造の劣化/維持保全
レンガ造/石造/版築の維持保全/耐震性向上

トップヘ戻る

ゼミナールについて

私のゼミナールでは、プレ卒業研究的な活動をしています。よって、その内容は、既知のことではなく、未知のことです。

トップヘ戻る