日大生産工学部建築工学科

現在地
ホーム  > スタッフ紹介  > 小川 博央

小川 博央

小川 博央

専門 建築設計
所属 小川博央建築都市設計事務所
主な担当授業科目 空間設計Ⅰ
関連リンク
出身地 香川県
趣味 美味しくお酒を飲むこと
実績紹介

先生への質問

現在のお仕事について教えてください。

商業施設、医療施設、住宅等、幅広く建築の設計を行っています。

トップヘ戻る

建築の道・現在の仕事を選んだ理由を教えてください。

小さいときから手先が器用で、小学3年生の時に親に建築家になればと言われて。
また、当時近所で住宅がたくさん建設されていて、田舎なので棟上げでお菓子やお餅等が振る舞われて、子供心に建物が建つというのは非常に楽しいことだと感じていたので、そのままぶれることなく今に至ります。

トップヘ戻る

どんな大学生でしたか。

遊ぶときは遊んで、建築の設計課題だけは頑張っていました。

トップヘ戻る

卒業設計もしくは卒業論文ではどのようなテーマに取り組みましたか。

卒業設計では、都市の隙間と呼ばれる様な場所に様々な文化施設をつくり、それを繋いで新たな人の流れ、コミュニティーをつくるといった計画を考えました。論文の方は商店街の研究をしていました。

トップヘ戻る

現職に就かれるまでの経歴について教えてください。

大学院に進学し、多くの学生設計競技で賞を頂きました。そこで審査員だった建築家の隈研吾氏に声を掛けられ、大学院修了後に隈研吾建築都市設計事務所に入所しました。隈事務所に5年務め、2005年に独立し小川博央建築都市設計事務所を設立しました。

トップヘ戻る

教育において、どんなところを重視していますか。

建築の設計は1+1=2のように一つしか答えが存在しないものではなく、たくさんの答えが存在すると考えています。とはいっても全く見当違いな答えを出してもダメです。学生の提案するものに対して頭から否定するのではなく、方向修正をして可能性を引き出してあげられればと考えています。

トップヘ戻る

ご趣味について教えてください。

趣味というか、美味しいお酒を飲むことが好きです。お酒自体が美味しいということも重要ですが、飲むときのその場の雰囲気が楽しいということが一番重要です。

トップヘ戻る

建築分野を志望している学生へのメッセージをお願いします。

ものづくりの世界は非常に楽しい世界ではありますが、その裏にはコツコツと積み上げてきた努力がある訳です。社会に出てものづくりの楽しさを味わいたいのであれば、大学4年間で強い精神力を鍛えてください。それがないと特に設計の世界は続けられません。
また、どういった世界へ行ってもコミュニケーション能力は非常に重要です。大学の4年間というのはそういった部分を鍛えるのにも非常にいい期間だと思います。
古いかもしれないけど、結局は「気合いと根性と笑顔」かな。

トップヘ戻る