日大生産工学部建築工学科

現在地
ホーム  > スタッフ紹介  > 永井 香織 准教授

永井 香織 准教授

永井 香織 准教授

専門 建築仕上材料
研究テーマ 歴史的建造物の仕上材料調査、超高層建築物の改修工事に関する調査、建築分野への光技術の応用
主な担当授業科目 仕上材料、構造材料、施工監理B、人間工学、建築実験
関連リンク
出身地 東京都
趣味 ジョギング、茶道、社寺めぐり

先生への質問

現在の研究分野について教えてください。

建設現場で日常的に問題になる箇所はどこだと思いますか?実は建物の内装・外装に使用される仕上材料に関する問題です。仕上材料は、コンペ提案時には意匠性・機能などが問われますが、施工時には施工方法や材料の組合せで良くも悪くもなります。建物の用途や部位、などに合わせた材料計画は、建物を構成する上で重要な役目となります。よりよい建物を提供するために、快適性や機能性などを考えた仕上材料の性能確認などを行っています。また、現場での施工を簡易化するための工法開発や歴史的な建物の保存に関する仕上材料の記録保存や保存方法などの検討を行っています。また、建設分野におけるレーザの実用化研究では、世界でも一歩リードしています。さらに、エコマテリアル、色彩調査など、仕上材料に関する研究を幅広く実施しています。

トップヘ戻る

卒業研究について

建築仕上材料に関する研究を行います。
2012年度は下記のテーマを中心に行いますが、その他興味のあるテーマがありましたら、相談によって行います。
1)歴史的建造物と仕上材料の劣化挙動に関する研究
主に、石材や煉瓦、防水材料、塗料などの劣化挙動
2)仕上材料の素材と色彩に関する研究
超高層集合住宅の仕上材料調査
3)建設分野における光技術の適用研究
LEDやレーザを用いた仕上材料の表面処理工法、穿孔工法の開発
4)カーボンニュートラル建材の調査
国産木材の物性調査

トップヘ戻る

ゼミナールについて

ゼミでは、卒論に向けての助走として小さく完結するテーマ設定をして、考え方や纏め方の練習をします。企業では、「発想」が重視されます。ディスカッションを通して、様々な考え方を学んでほしいと考えています。ゼミナールAでは、ゼミ生によるアイデアコンペや、建物調査、実験などを行います。
ゼミナールBでは、研究テーマの設定、実験計画、実験のまとめ方などを行います。
2012年度のテーマ例
1.コンペなどへの参加
・建築仕上材料を適用したアイデアコンペ参加
・我慢の建築、コンペ参加
2.実建物の調査
・酒蔵の実測調査
3.ゼミナール研究
・国産木材の流通・物性調査
・光技術の応用研究
・歴史的建造物に補修材調査
・外壁塗装材のよごれ促進試験

トップヘ戻る

建築の道・現在の専門分野に進んだ理由を教えてください。

親が建設会社を経営していることから、小さな頃から建売住宅のモデルルームに行ったり、注文住宅の設計をしているところや施工をしているところを見ていました。高校生の頃は心理学に進みたいと考えていましたが、建築の仕事の幅の広さを親から教えてもらい、建築に進むことにしました。

トップヘ戻る

どんな大学生でしたか。

大学生での一番の思い出は部活です。部活は、体育会でしたので、朝練から始まり、夕方の練習まで毎日運動漬けでした。先輩・後輩の厳しい世界でしたが、勝負の厳しさや、繋がりの大切さ、団体で助け合う精神など多くを学ぶことができました。実はこの「体育会にいた」というのが、就職のときにも随分話題にしていただき、会社生活でも役に立ちました。

トップヘ戻る

現職に就かれるまでの経歴について教えてください。

大手建設会社の研究所で研究職をしていました。企業の研究は、設計や現場に直結します。自分で研究・開発し、社内の設計・現場へのプレゼン、お客様へのプレゼン、そして現場施工での職人さんへの教育や、施工後のフォローまで営業から現場まで全てを経験することができました。また、日頃から建設現場に足を運び様々な問題点などを勉強しましたので、この経験を授業でも伝えていきたいと思っています。

トップヘ戻る

教育において、どんなことを重視していますか。

前向きに積極的に行動することが重要だと思っています。言われるまで待つのではなく、間違ってもいいので、自分の考えを積極的に発言し、ディスカッションができる人材になってほしいと思っています。今企業では、自分からアクションを起こせる人材が必要とされています。

トップヘ戻る

ご趣味について教えてください。

スポーツは全般が好きで、テニス、スノーボード、ローラーブレード、ジョギング、水泳など、色々とチャレンジしています。最近ではサーフィンに挑戦しましたが、まだまだ道のりは長そうです。また、正座は苦手ですが、日本文化は好きで、茶道は少しずつですが、続けています。常に新しいことを学ぶのは、楽しいので、継続的に挑戦していきたいと思っています。

トップヘ戻る

建築を志望している学生や在学生へのメッセージをお願いします。

今行っている行動が将来の自分を作ります。何をやりたいかを探すのも重要ですが、目の前のことを精一杯、一生懸命行うことはもっと重要です。それが将来の自分の糧になります。今後の自分が今よりステップアップするためには、様々な人からのアドバイスや指摘を素直に受け入れ、取り組むことが自分の道の選択支を広げると思いますので、是非日々を大切に精一杯過ごしてほしいと思います。

トップヘ戻る