日大生産工学部建築工学科

現在地
ホーム  > スタッフ紹介  > 諸角 敬

諸角 敬

諸角 敬

専門 建築設計一般
所属 一級建築士事務所studioA(スタジオ・アー)
主な担当授業科目 住居CAD演習
関連リンク
出身地 神奈川県
趣味 ヨット、サックス、車、料理
実績紹介

先生への質問

現在のお仕事について教えてください。

住宅、集合住宅を中心に建築の設計を行っています。

トップヘ戻る

建築の道・現在の仕事を選んだ理由を教えてください。

小学生の頃、引越をするため親が間取り図を書いていたのを一緒になって書いた覚えがあります。
絵を描いたり工作が好きだったこともあり小学校高学年の頃には建築家になりたいと考えていました。

トップヘ戻る

どんな大学生でしたか。

私が入学した頃、早稲田際学では下級生が先輩の課題の手伝いをする習慣があり、大学に入ったらあのサークルに入りたい、このサークルで活動して見たいということを考える暇もなく先輩に捕まりそれから4年間、学校よりも先輩の家にいた時間が長かったのではないかと思われるほど手伝いをしていました。試験勉強も試験に行くのも先輩の家からでした.そのような学生でしたから建築のことを教わったのも先生よりむしろ先輩からの方が多かったように記憶しています。

トップヘ戻る

卒業設計もしくは卒業論文ではどのようなテーマに取り組みましたか。

「変換構造論」と名付け、数人の仲間と建築を記号論的にとらえ分析する研究をしました。

トップヘ戻る

現職に就かれるまでの経歴について教えてください。

林・山田・中原設計同人で主に林雅子先生の仕事を担当し約6年、その後イタリアに渡りマンジャロッティーの事務所で1年働いた後日本に戻り、1985年に自分の事務所を開きました。

トップヘ戻る

教育において、どんなところを重視していますか。

いくら丁寧に教えても自分が興味を持って取り組んでくれなければ血となり肉となりません.学生に本質的な面白さを教えることで興味を持ってもらうよう心がけています。

トップヘ戻る

ご趣味について教えてください。

30代から15年ほど続けていたヨットは子供と一緒にいる時間を取りたいため中断中。その代わり家で手軽に練習できるサックスを始めました。車は乗っていると疲れが取れるタイプで、生活の一部。料理は気が向いたときにイタリア料理を中心に作っています。

トップヘ戻る

建築分野を志望している学生へのメッセージをお願いします。

建築を目指すといっても色々な分野で、様々な形で活躍する道があります。大学を卒業するまでに自分の理想とする将来の姿を描き、それに向かって努力邁進すれば必ず一つの願いはかなえられると信じてください。願いは多くなれば多くなるほどかなわないものです。

トップヘ戻る