日大生産工学部建築工学科

現在地
ホーム  > スタッフ紹介  > 黒沢 隆

黒沢 隆

黒沢 隆

専門 建築設計
主な担当授業科目 住居史・住居設備デザイン
出身地 鎌倉
趣味 おいしいものを食べること。おいしくお酒を飲むこと。

先生への質問

現在のお仕事について教えてください。

休刊となった『10+1』誌に長く連載していた「コンセプチュアル日本建築」の単行本化へのまとめが、一段落したところです。設計での仕事は、住んでいる鎌倉周辺がポツポツというところでしょうか。

トップヘ戻る

建築の道・現在の仕事を選んだ理由を教えてください。

私はガリ勉だったことはありません。ですが、たまたま進んだ高校が地域で一番の進学校でした。自分の適性ということを、つくづく考えることになります。デザインやエンジニュアリングにはつきぬ興味があり、他の追随を許さないという自信も湧いてきます。当時から論評という分野にも深い関心があり、その通りの人生を歩むことになります。

トップヘ戻る

どんな大学生でしたか。

当時の我校は、とくにすぐれたデザイナーの師に恵まれていませんでした。先生に噛みついてばかりいて、困った嫌な学生だったと深く反省しています。

トップヘ戻る

卒業設計もしくは卒業論文ではどのようなテーマに取り組みましたか。

当時から、私の建築観の中心に「居住」がありました。卒業設計は集合住宅、卒論は建築における「機能主義」とは何か、というものでした。

トップヘ戻る

現職に就かれるまでの経歴について教えてください。

設計と論評とを両立させた建築家に、生田勉氏がおられました。自由な課題を設定して論文を書いて単位を取ってよいというカリキュラムがあり、この機会に相当の大学の作家論を書き、このコピーを当の生田氏にも送って認められ、学部卒業後、その研究家のお世話になりました。その後、大学院にもどり、自分のアトリエも開き、教員にもなり、今日となります。

トップヘ戻る

教育において、どんなところを重視していますか。

「建物」と言葉と「建築」という言葉があります。後者は書作物です。このことを何とか知らせたい。みんながi-podを肌身はなさず持ち歩き、折にふれてミュージシャンを語り、曲を論ずるように、建築家や作品を意識してもらいたい―。同時に、「工作」に関心を深くして発想のベースにして―。

トップヘ戻る

ご趣味について教えてください。

おいしいものを食べること。おいしくお酒を飲むこと。

トップヘ戻る

建築分野を志望している学生へのメッセージをお願いします。

建築は「都市」のエレメントです。つまり「社会」そのものを深く見つめ、「文化」や「文明」の現状や将来に、いつも関心を寄せてほしい。何でも知りたがってほしい。

トップヘ戻る