日大生産工学部建築工学科

現在地
ホーム  > スタッフ紹介  > 小松 博 教授

小松 博 教授

小松 博 教授

専門 建築構造学(鉄骨構造)
研究テーマ 組立補剛を用いた山形鋼圧縮材の補強効果、金属材料と異種構造材料による合成構造に関する研究、再生骨材コンクリートの合成構造への応用に関する研究 など
主な担当授業科目 建築応用力学Ⅰ・Ⅱ、鉄骨構造、建築実験Ⅰ、他
関連リンク
出身地 東京都武蔵野市
趣味 ゴルフ、町の散策

先生への質問

現在の研究分野について教えてください。

鉄骨構造の耐震性の向上や耐震補強に関する研究をしています。また最近は鉄骨とコンクリートあるいはアルミニウムと木材を複合した合成構造についての研究も行っています。例えば、鉄骨構造が強い地震を受けたときに柱や梁がどのように壊れていくのかを、実験あるいはコンピュータによるシミュレーションを通じて把握することにより、建築物の安全性について研究しています。鉄骨構造は他の構造材料に対して比強度が高く、柔軟な構造形式で、解析においても数式に表しやすいことが特徴です。

トップヘ戻る

鉄骨構造および合成構造についての研究を行っています。主な研究テーマおよび概要は以下の通りです。
①金属材料と異種材料による合成構造に関する研究
②組立補剛された山形鋼圧縮材の座屈耐力に関する研究

 ①は鋼材やアルミニウムと異種材料である,例えば木材等とを組み合わせた構造部材の構造特性を実験により検証します。

 ②は山形鋼を対象として,母材に孔空けや溶接による損傷を与えることのない組立式の補強を施した柱材の座屈耐力を実験および解析により検証する。

以上のテーマに関して実験および解析により卒業研究を進めていきます。着手条件は,原則として鉄骨構造あるいは鉄骨構造演習を受講していること,かつグループ研究が主体となるため,卒業研究生間の「和」をモットーとして,意欲的に研究室の活動に取り組む学生とします。

トップヘ戻る

ゼミナールについて

前期には『実験でわかる建築構造の基礎』と題して、簡単な建築の構造模型に荷重を加える実験を行うことにより、模型の変形やその挙動によって構造の原理を感覚的にわかるようにしています。また後期の『建築構造物と模型実験』では、構造的感覚を養う手法として実際の現象を目で見ることにより理解する、すなわち骨組に流れる力を、模型実験により視覚的に捉えようというものです。

トップヘ戻る

建築の道・現在の専門分野に進んだ理由を教えてください。

大学入試の面接で「建築とは何?」と質問され、頭の中が真っ白のなったことを今でも覚えています。大学に入って初めて建築について学んだわけで、それまでは建築の意匠設計ということしか知りませんでした。しかし勉強していく中で「構造」という分野があり、数学・物理の知識が役に立つことが解り、ここで自分の得意分野を初めて見つけました。特に大がかりな構造実験や今では考えられないような旧式なコンピュータでの解析が今の自分の基礎となっています。

トップヘ戻る

どんな大学生でしたか。

学生時代はとにかく好きなことは徹底してやったと記憶しています。逆に嫌いなものはかなり手を抜いていたのではないでしょうか。しかし当時は5・6人のグループで行動しており、互いに勉強を助け合っていたと記憶しています。当然人それぞれ得意分野は違いますから、お互いに解らないことを教えあい、グループの全員が落ちこぼれないように授業の後に友達の下宿や喫茶店などでよく話をしていたました。もちろんこの仲間と遊び回っていたのも想い出のひとつです。

トップヘ戻る

現職に就かれるまでの経歴について教えてください。

学部を卒業してすぐに建築工学科の副手となり、現在に至っていますので、特に経歴というものはありません。ただ学生時代は夏と春の休みには建築関連のアルバイトをしていましたので、特に建築の施工現場に関してはほんの少しの知識はあったかと思います。

トップヘ戻る

教育において、どんなことを重視していますか。

学生の皆さんの目線に立って、できる限り多くの方に授業内容を理解してもらえるように努力しています。特に授業では途中にわずかな「間」をつくって、解っているかを確認したり、補足説明をしたり、例えを話すこともあります。その間に皆さん自身の頭で授業内容の整理ができ、次の内容への切り換えがスムーズになるようにしています。また担当科目の設置学年によっても講義の手法を変えて、授業内容の適正な理解の手助けとしています。

トップヘ戻る

ご趣味について教えてください。

ゴルフは、現在生産工学部ゴルフ部の顧問ということもありずいぶん昔からやっています。でもなかなか自分の思うようにいかないスポーツで、だからやめられないのかなと思います。町の散策は、知らない町あるいは東京都内であっても、ぶらぶらと歩いていろいろな発見をすることが好きです。建物だけでなくおいしそうなお店やしゃれたお店などもそのひとつです。

トップヘ戻る

建築を志望している学生や在学生へのメッセージをお願いします。

「建築学は雑学である」ということを良く耳にしますし、私自身もそう思っています。建築学は工学的な部分と芸術的な部分を併せ持った学問であり、そこには文学・社会学・哲学などなどのもっといろいろな知識も必要であると思います。ですから学生時代は物事に対して食べず嫌いをせず、とりあえずすべてに触れてみることが大事だと思います。また人とのコミュニケーションを養うのも今が重要な時期です。自分の意見をアピールすることも建築に携わって行かれる皆さんにとって重要なことであると思います。

トップヘ戻る