日大生産工学部建築工学科

現在地
ホーム  > スタッフ紹介  > 神田 亮 教授

神田 亮 教授

神田 亮 教授

専門 振動工学、耐震耐風工学
研究テーマ 構造物の振動性状に関する研究、構造物の制振装置の開発など
主な担当授業科目 構造力学Ⅰ、構造力学Ⅰ演習、構造力学Ⅱ、構造力学Ⅱ演習、振動工学、建築情報データ解析、建築実験Ⅲ、総合設計Ⅲ、建築探訪、ゼミナールA、ゼミナールB、卒業研究
関連リンク
出身地 神奈川県横須賀市
趣味 スポーツ全般、旅行

先生への質問

現在の研究分野について教えてください。

私の研究テーマは、地震や暴風などに対し安全な構造物を如何に設計するかということです。具体的には、高層化や長大化のほかに特殊機能を有するなど、現在の建築構造物の多様化は目覚ましいものがあります。これら建築構造物を安全に設計するためには、既存の力学とともに新しい考え方に基づいた力学が必要です。それは、動力学、あるいは振動力学などと呼ばれています。これらの新しい技術を基本にして日夜研究を進めています。具体的内容は卒業研究の内容とほぼ同じですので確認してみてください。

トップヘ戻る

卒業研究について

卒業後構造設計や施工管理で必要な知識でかつ社会で活躍するようになってからは、なかなか勉強する機会のない事柄について、卒業研究を通して自然に身に着くように心がけて指導しています。研究の内容は、振動理論を活かした地震や暴風に対し安全な構造物を設計することです。主なテーマを以下に示します。
1.免震構造、制震構造の設計法について
免震や制振構造の性能が阪神大震災や中越地震で実証されていたいその普及は目覚ましいものがあります。それらの建物の設計法について研究開発を行います。
2.構造物の空力振動、耐風性について
日本は、地震大国として有名ですが、台風が年に何個も来週するいわば“台風大国"でもあります。風外力に対する安全な建物の設計法について研究します。
3.耐震補強をテーマにした社会貢献活動
阪神大震災では6500名あまりの方が亡くなりましたが、そのほとんどは、住宅の倒壊による圧死やその後発生した火災による焼死でした。倒壊した住宅を調べてみると、そのほとんどが建築基準法がまだ十分整備されていない時代に建てられたものでした。また、関東、東海、関西地方では、震度6強以上の地震がここ30年以内に70%の確率で発生するといわれています。阪神大震災での悲劇を繰り返さないよう、耐震性の十分でない他住宅を十分な耐震性を有するものに改修するにはどのようにすれば容易かをテーマに研究を進めます。

トップヘ戻る

ゼミナールについて

ゼミナールAは、2年生までの力学の復習をいたします。具体的内容は、静定構造物の図解法を学習します。図解法には、数式を使わず力学の基本的考え方を十分理解する必要があり、この方式を理解すると建築構造力学の基礎をほぼすべて理解することができます。力学が苦手でよくわからない人には打って付けです。また、力学が得意でさらに力を伸ばしたいと考える人にも同じです。何でもそうですが、力を伸ばすには、難問を解くことに力を注ぐよりも、基礎を徹底的に理解することが早道です。
ゼミナールBは、振動力学の基礎を勉強するとともに、振動をキーワードとして一つのテーマを選択し、実験やコンピュータシュミレーションにより、そのテーマについて学びます。過去行われたテーマは、以下のようなものがあります。
1.簡易モデルによる免震構造の実験
2.高層建物の空力振動実験
3.古民家の耐震診断
4.建物振動モデルによる振動実験
理論を理解し、その現象を目で見て理解を深めるのに役立つと思います。

トップヘ戻る

建築の道・現在の専門分野に進んだ理由を教えてください。

このような場所にこのようなことを書くのはふさわしくないかもしれませんが、正直なところ、建築の道・現在の専門分野に進んだのは、たまたまです。高校時代は、理科系全般を目指していて、具体的な専門領域の勉強を目指していたわけではありません。私は、理工学部の海洋建築工学科出身ですが、理工学部を受験した時の第一志望は、航空学科でした。しかし、多分試験の点数が足りず、海洋建築工学科に回されたのでしょう。合格した大学が日大しかなく、浪人もこれ以上できないのでしぶしぶ大学の勉強を始めた次第です。しかし、大学2年生の時、構造力学を勉強して、そのしぶしぶ始めたという気持ちは一掃されました。それ以来、建築構造の道で頑張っています。

トップヘ戻る

どんな大学生でしたか。

自分で言うのはなんですが、よく勉強する学生だったと思います。授業の復習は、特に、構造力学については、まめに行っていました。また、ただ問題を解くテクニックを習得するだけでなく解法の根本原理に立ち返りそれを理解しようとしていたと思います。この時の知識や経験は今でも教員として授業をする際などに生かされているような気がします。ちなみに、よく勉強する学生と書きましたが、勉強しようと思ってやったのではありません。単に、楽しかっただけです。重要なことかもしれませんので付記しておきます。

トップヘ戻る

現職に就かれるまでの経歴について教えてください。

1983年に日本大学理工学部海洋建築工学科を卒業後、同大学院の修士課程、博士課程を経て、1988年に日本大学生産工学部の助手となりました。その後は、現在まで、生産工学部に勤務しております。

トップヘ戻る

教育において、どんなことを重視していますか。

基礎が大事です。難しいことではなくやさしいことを積み重ねていくことに心がけましょう。理解を深めるには、その命題を他人に説明し理解させることです。説明し理解させることは最大の学習効果を生むと考えます。

トップヘ戻る

ご趣味について教えてください。

スポーツすることが好きです。特に歩いたり走ったりすることが好きです。その他、水泳も好きです。ですから、山歩き、自転車、ゴルフなどを好んでします。その他には、旅が好きです。世界5大陸は全部行きました。

トップヘ戻る

建築を志望している学生や在学生へのメッセージをお願いします。

何でもそうであると理想的ですが勉強(やらなくてはと思って)するのではなく、楽しい、充実感があるなどを感じながら建築について学べるといいですね。

トップヘ戻る