日大生産工学部建築工学科

現在地
ホーム  > お知らせ  > 全般  > 『建築再生展 2019』において、藤本利昭教授、渡辺康教授、篠崎健一准教授、永井香織准教授が合同でポスター発表を行いました。

『建築再生展 2019』において、藤本利昭教授、渡辺康教授、篠崎健一准教授、永井香織准教授が合同でポスター発表を行いました。

カテゴリ :
全般
更新日時 :
2019年06月24日

第24回 R&R リホーム&リニューアル 建築再生展2019』において、本学の藤本利昭教授、渡辺康教授、篠崎健一准教授、永井香織准教授が日頃の研究成果をポスターで発表されました。

この展示会は、東京ビッグサイト青海展示棟Bホールにて、2019年6月11日(火)から6月13日(木)まで開催されました。

出展内容(『建築再生展2019』のホームページより抜粋)

●設計と技術提案によるイノベーションへ

本大学は、4年間通して幅広い技術と知識を総合的に得ることにより、多角的な視野で問題を捉えることを大切にしています。
デザイン分野では、地域の集合住宅、空間分析による設計の提案を行っております。
また、仕上材料分野においては改修工事を通しての技術提案を行っています。
各研究活動の概要をそれぞれご紹介させていただきます。

下写真:展示ブースの様子

2019R&R展1.jpg

2019再生展②.jpg

2019R&R展3.jpeg

2019再生展①.jpg

また、永井香織准教授は、『超高層マンションの大規模改修の考え方』と題して講演を行われました。

下写真:ご講演を行う永井先生、大勢の出席者

2019R&R展2.JPG

2019再生展③.jpg

CCI20190624.jpg

関連リンク