日大生産工学部建築工学科

現在地
ホーム  > お知らせ  > 全般  > 「第31回 千葉県建築学生賞」において、本学4年生の小山さんが「奨励賞・千葉県建築設計士が選ぶ作品賞」を、長瀬さんが「奨励賞」を受賞しました!

「第31回 千葉県建築学生賞」において、本学4年生の小山さんが「奨励賞・千葉県建築設計士が選ぶ作品賞」を、長瀬さんが「奨励賞」を受賞しました!

カテゴリ :
全般
更新日時 :
2019年03月10日

2019年3月9日(土)と10日(日)の2日間、イオンモール幕張新都心グランドモール3F「イオンホール」にて行われた「第31回 千葉県建築学生賞 千葉県建築卒業設計コンクール2019」において小山佳織さん(本学4年生・居住空間デザインコース・岩田研究室)の作品が「奨励賞・千葉県建築設計士が選ぶ作品賞」を、長瀬紅梨さん(本学4年生・建築デザインコース・篠崎研究室)の作品が「奨励賞」を受賞しました。

おめでとうございます❀

☆奨励賞・千葉県建築設計士が選ぶ作品賞

作品名:"あたりまえ"の風景 生活に寄生する地域活動の場

制作者:小山佳織

無題.png 

P1000063.JPG

制作者 小山 佳織
指導者 岩田 伸一郎
制作年・課題 2018年度・卒業設計賞(1位)、桜建賞、校友会奨励賞
コンセプト

東京都大田区。生まれたこの地で私は12年間に渡り地域活動を行ってきた。
まちを支える底力。しかしどれだけの人間がこの名脇役を知っているのだろう?
今、裏舞台に徹していたこれらの活動にスポットを当て、生活のすぐ隣へ根付く地域活動を目指す。
"知らない"から"あたりまえ"へ。私たちの居場所をかけたメッセージを建築する。

コメント

人生の半分以上を共に過ごした思い入れのある地域活動が今、存続の危機に瀕し、それらを残す訴えが評価された事を嬉しく思う。
まだ荒削りな提案だが、今までの作品とは違う卒業設計らしいダイナミックな提案ができたと思う。
一緒に頑張ってきた仲間や後輩、見守ってくれた先生、先輩方に感謝したい。

 ☆奨励賞

作品名:箱入り娘の夜

制作者:長瀬 紅梨

無題 (2).png

P1000036.JPG 

制作者 長瀬 紅梨
指導者 篠崎 健一
制作年・課題 2018年度・卒業設計賞(2位)、桜建賞、中國科技大学賞
コンセプト

私の家は私が一番安心できる場所。私の部屋は私を一番受け止めてくれる場所。しかし、ある日の夜には家と部屋は私を閉じ込める檻になる。私が体験した3つの夜を軸に、家と部屋の奥に社会を持つ洞窟の家を提案する。
ここで暮らす住人は、寝室の奥につながる洞窟で、上の方に空いた穴から見える空、落ちてくる光や雨、音、風でその場を感じる。洞窟の下の方は常に暗闇になっていてここでは自分の内面をみつめ、心がふっと軽くなる体験をする。
洞窟で過ごすある日の夜、私の家は、私の体を癒す場所から心と体を癒す場所に昇華する。

コメント

自分が親世代になったらきっと忘れてしまう気持ちを、今のうちに建築を通して表現したくて制作に取り組みました。今までの自分の経験がぎゅっと詰まった作品です。

関連リンク