日大生産工学部建築工学科

現在地
ホーム  > お知らせ  > 全般  > 第18回住宅課題賞2018において、建築工学科3年の光樂瑶子さんが「優秀賞2等」を受賞

第18回住宅課題賞2018において、建築工学科3年の光樂瑶子さんが「優秀賞2等」を受賞

カテゴリ :
全般
更新日時 :
2018年11月30日

「第18回住宅課題賞2018(建築系大学住宅課題優秀作品展)」(主催:一般社団法人東京建築士会)において、建築工学科3年の光樂瑶子さん(建築デザインコース・篠崎研究室所属 ※受賞した作品は2年次に制作)の作品「Continuous Wall -連続する壁-」『優秀賞2等』を受賞しました。

 

本賞は、東京圏に位置する大学の建築系学科などで行われている設計製図授業の中から、住宅課題における優秀作品を各校1作品ずつ推薦(生産工学部では、建築総合コース、建築デザインコース、居住空間デザインコースから各1作品、計3作品を推薦)される展示会において優れた作品を顕彰するものです。

 

光樂さんの作品は、過去最多の参加39大学51学科、51点から、事前巡回審査、公開審査を経て、『優秀賞2等』に選ばれました。

快挙ですね!おめでとうございます。

 

❀光樂瑶子さんの作品

住宅課題賞2018.jpg

jkadai_shinsa2018-1.jpg

jkadai_shinsa2018-2.jpg

jkadai_shinsa2018-3.jpg

関連リンク