日大生産工学部建築工学科

現在地
ホーム  > お知らせ  > 全般  > 「2017年度 日本建築学会関東支部研究発表会」において、本学2名の学生が若手優秀研究報告賞を受賞しました。

「2017年度 日本建築学会関東支部研究発表会」において、本学2名の学生が若手優秀研究報告賞を受賞しました。

カテゴリ :
全般
更新日時 :
2018年03月20日

3月1日(木), 2日(金)の2日間、日本大学理工学部1号館にて行われた「2017年度(第88回)日本建築学会関東支部研究発表会」において、下田ありささん(博士前期課程2年生・永井研究室)と川鍋賢人君(4年生・建築総合コース・下村研究室)が若手優秀研究報告賞を受賞しました。

おめでとうございます❀

発表題目:外装材の色彩による雨筋よごれの見え方に関する研究 -多彩模様の場合-

発表者:○下田ありさ、永井香織、松井 勇

発表題目:微細気泡を混入したセメントスラリーを用いた粘性土改良体の強度のばらつきに関する基礎的研究 -土試料とセメントスラリーのゼータ電位-

発表者:○川鍋賢人(日本大)、下村修一、奥山誠也、水谷羊介、中村 博、平野聡

2017年度(第88回)日本建築学会関東支部研究発表会プログラム.pdf

日本建築学会関東支部「若手優秀研究報告賞」について.pdf

wakate2017-1.jpg

関連リンク