日大生産工学部建築工学科

現在地
ホーム  > お知らせ  > 全般  > 「第30回 千葉県建築学生賞」において、本学4年生の作品が優秀賞に選出されました。

「第30回 千葉県建築学生賞」において、本学4年生の作品が優秀賞に選出されました。

カテゴリ :
全般
更新日時 :
2018年03月20日

2018年3月9日(金)から11日(日)までの3日間、イオンモール幕張新都心グランドモール3F「イオンホール」にて行われた「第30回 千葉県建築学生賞 千葉県建築卒業設計コンクール2018」において、小野詩織さん(本学4年生・建築デザインコース・広田研究室)の作品『・・・テミル。 -人生をリセットする探索と思考の水族館-』が優秀賞に選出されました。

おめでとうございます❀

小野さんの作品は、6月に開かれる「日本建築家協会(JIA)全国学生卒業設計コンクール」の千葉県代表として出展されることになっています。

2017年度 日本大学生産工学部建築工学科 卒業設計審査会でプレゼンテーションを行う小野詩織さん(下写真)です。

桜建賞 建築工学科卒業設計賞

・・・テミル。  -人生をリセットする探索と思考の水族館- 制作者:小野 詩織(広田研究室)

コンセプト 人間は、試行錯誤しながら生きていく中で、原点回帰することで新たな道を開いている。新しい体験を行うことで自分を探し人生を見つめなおす空間をつくった。福島県いわき市にある塩屋崎灯台は希望の光を照らしつづけている。この水族館は、アクアマリンふくしま の分館として"生きると死ぬ"のテーマを抽出して構成する。迷路のように上下に入り組んだ 探索空間と8つの思想空間が来館者の心をリセットさせる。


2137.JPG

2143.JPG

P2130066.JPG

P2130067.JPG

第30回 千葉県建築学生賞 ポスター

180118_omote-1.jpg

180118_ura-1.jpg

関連リンク