日大生産工学部建築工学科

現在地
ホーム  > お知らせ  > 全般  > 2017年度 津田沼元気塾 第9回開催のお知らせ

2017年度 津田沼元気塾 第9回開催のお知らせ

カテゴリ :
全般
更新日時 :
2017年12月05日

2017年度 津田沼元気塾 【第9回目】を下記の通り開催致しますので、ぜひご参加下さい。

日時:2017年12月11日(月) 18:00~19:30

場所:図書館3階・AV室

-津田沼元気塾について-

本講座の目的 

・「Core Capability」を更にVitalize(生気を吹き込む、活気づける、活性化する)することを目的とする。

・ 「Core Capability」とは、大学で学ぶ「Architectural Design」や「Architectural Technology」のベースとなる「技術者」としての基礎素養と定義する。

本講座の特徴 

社会の一線に立つ、「日大・津田沼出身」の技術者が、机上の学問ではない実践で培った経験を基に語る。

-第9回津田沼元気塾の内容-

Ⅳ:仕事の進め方・まとめ方 ・・・担当講師:貞広 圭一郎 様(サダヒロ ケイイチロウ)

第9回目の今回は、森林資源の有効活用や環境に優しい都市づくりなど多くの面で期待されて、「夢の素材」と注目されているCLT(Cross Laminated Timber(クロス・ラミネイティド・ティンバー))についてのお話を貞広圭一郎様にお話頂きます。

貞広様によると当日は、『「木質構造部材CLTは今」と題して、新素材のCLTについての説明と当社新工場での製造状況及び海外の事例を紹介したいと考えてます』との由です。

日本では2013年12月に製造規格となるJAS(日本農林規格)が制定され、2016年4月にCLT関連の建築基準法告示が公布・施行され、CLTの一般利用がスタートしています(日本CLT協会HPより抜粋_http://clta.jp/clt/)。

「構造計画」、「施工」に興味のある学生をはじめ、最先端の技術に興味のある学生の皆様はぜひご参加ください。

■貞広圭一郎様の略歴

1987年3月 日本大学生産工学部建築工学科卒(桜田研究室)

1987年4月 川島建設合資会社浜北支店入社

      大断面構造用集成材の製造に従事

1989年10月 建設省建築研究所へ出向(1年間)               

            大断面木造建築物の構造設計に関する研究に従事

1992年11月 銘建工業株式会社大断面工場入社

           大断面構造用集成材の施工管理に従事

2008年4月 品質管理部へ異動               

      JAS、ISO、森林認証の管理業務に従事現在に至る

(文責:津田沼元気塾実行委員会・本学非常勤講師 前田啓介)

関連リンク