日大生産工学部建築工学科

現在地
ホーム  > お知らせ  > 全般  > 2017年度 津田沼元気塾 第4回開催のお知らせ

2017年度 津田沼元気塾 第4回開催のお知らせ

カテゴリ :
全般
更新日時 :
2017年07月25日

2017年度 津田沼元気塾 【第4回目】を下記の通り開催致しますので、ぜひご参加下さい。

日時:2017年7月28日(金) 18:00~19:30

場所:図書館3階・AV室

-津田沼元気塾について-

本講座の目的 

・「Core Capability」を更にVitalize(生気を吹き込む、活気づける、活性化する)することを目的とする。

・ 「Core Capability」とは、大学で学ぶ「Architectural Design」や「Architectural Technology」のベースとなる「技術者」としての基礎素養と定義する。

本講座の特徴 

社会の一線に立つ、「日大・津田沼出身」の技術者が、机上の学問ではない実践で培った経験を基に語る。

-第4回津田沼元気塾の内容-

【Ⅱ:一人前になるには・Road map as technical expert

【第1回】  Ⅱ-1:私のChronology ① 39年間を振り返って

                      ・・・担当講師:川島 晃(カワシマ アキラ)

今年度前期の最終回は、本学教授の川島晃様をお迎えします。

川島教授によると当日のお話の骨子は以下とのこと。

「諸先生方ならびにOB・OGの方々に支えられ39年目を迎えることができました。

心より感謝申し上げます。

津田沼元気塾実行委員会の企画されている<road map as technical expert>という趣旨にはほど遠いと内容と思いますが、これまでお世話になった諸先生方の思い出と興味深いメッセージなども踏まえ、卒業後の方向性を模索している学生さん、特に3年生の皆さんにヒントを与えられたらと思います。」

また合わせて実行委員会宛に以下メッセージを頂戴しました。

「本日(7/20)、山口廣先生の訃報が庶務課から届きました。

心からご冥福を申し上げます。

専任講師に昇格したとき、山口廣先生から「構造の歴史を踏まえ授業をしなさい」と叱咤激励されました。

写真(上)は、2013年NHK総合テレビ「とっておき世界遺産 お国自慢SP」制作において、学部所蔵のエッフェル塔に関する貴重図書の取材およびナレーションの技術指導をしたときのものです。

山口廣先生に少しでも恩返しができたものと思っています。

同席されている女性は、日本大学芸術学部OGです。 

今回のポスター用写真として載せられるようでした、宜しくお願いします。」

とのことでした。

学生諸氏にとって貴重なお話をお聞かせいただけると思います。ぜひ本回に参加ください。 

(文責:津田沼元気塾実行委員会・本学非常勤講師 前田啓介)

■川島教授の略歴

・1979年10月1日  日本大学助手(生産工学部)

・1985年 4月1日 日本大学専任講師(生産工学部)

・2006年 4月1日 日本大学准教授(生産工学部)

・2011年 4月1日 日本大学教授(生産工学部)

・研究分野: 建築構造解析(鋼構造、吊構造、可動式構造)

関連リンク