日大生産工学部建築工学科

現在地
ホーム  > お知らせ  > 全般  > 渡辺康教授、篠﨑健一准教授、永井香織准教授が、研究成果を合同で『建築再生展 2017』に出展されました。

渡辺康教授、篠﨑健一准教授、永井香織准教授が、研究成果を合同で『建築再生展 2017』に出展されました。

カテゴリ :
全般
更新日時 :
2017年05月31日

渡辺康教授、篠﨑健一准教授、永井香織准教授が、研究成果を合同で『第22回 R&R リホーム&リニューアル 建築再生展2017』に出展されました。

この展示会は、東京ビッグサイト西1ホールにて、2017年5月31日(水)から6月2日(金)まで開催されています。

時間がある学生は、是非見に行ってください。

出展内容(『建築再生展2017』のホームページより抜粋)

●設計デザインから仕上材の技術提案まで
本大学は、技術と知識を学び、現場での即戦力を養う場として建築にとどまらない幅広い分野を総合的に学習しています。
設計デザインの分野では、イタリアの集落調査、空間分析による設計の提案を行っています。また、仕上材料の分野では改修を通しての技術提案を行っています。各研究活動の概要をそれぞれご紹介します。

下写真:展示ブースの様子

IMG_3232.jpg

IMG_3228.jpg

IMG_3234.jpg

「建築再生展 2017」の詳細については、下記リンクをご覧下さい。

K.Mikami

関連リンク