日大生産工学部建築工学科

現在地
ホーム  > お知らせ  > 全般  > 平成28年度 卒業設計審査会報告

平成28年度 卒業設計審査会報告

カテゴリ :
全般
更新日時 :
2017年02月24日

平成29年2月10日(土)に、『平成28年度 卒業設計審査会が開催されました。
エントリーされた47作品を対象に、非公開展示形式の1次審査(午前)、公開発表形式の2次審査・3次(最終)審査(午後)の3段階方式による審査が行われました。

P2100019.JPG

P2100013.JPG

IMG_0084.JPG

1次審査では、各審査委員が8作品に投票し、獲得票数に応じて2次審査に進出する12作品が選出されました。

2次審査に進出した12作品は下記の通りです(エントリー番号順)。

①蛇行する川  制作者 児林 幸輔(篠崎研究室)

②巡る駅は街を紡ぐ  制作者 岡田 夏樹(渡辺研究室)

③林の奥に座して四顧し、傾聴し、睇視し、黙想す -国木田独歩文学館-  制作者 井手 優汰 (篠崎研究室)

④結び  制作者 李 アルム(渡辺研究室)

⑤町工場があること。 -住工調和型集合体-  制作者 土屋 沙友(渡辺研究室)

⑥proscenium 都市 -プロセニアムマーチ-  制作者 山下 ジロ(篠崎研究室)

⑦足裏の記憶  制作者 田丸 明日香(渡辺研究室)

⑧反転する賑わいは都市の風貌を変える  制作者 堀田 昌宏(岩田研究室)

⑨二季の奎  制作者 箭内 恒奎(篠崎研究室)

⑩思いを受けとめ、届ける。 制作者 杉山 未沙(篠崎研究室)

⑪あばれ櫓  制作者 福田 奎也(篠崎研究室)

⑫Innovative Void Spaces  制作者 澁谷 夏海(渡辺研究室)

2次審査では、制作者によるプレゼンテーションと質疑応答が一通り行われた後、各審査員は3作品に投票しました。(下写真:2次審査の様子)

IMG_0072.JPGIMG_0001.JPG

P2100023.JPGIMG_0006.JPG

各審査員が3作品に投票後、その結果を基に3次(最終)審査に入り、審査員団による白熱した討論が交わされました。(下写真:討論の様子)

IMG_0040.JPGIMG_0054.JPG

IMG_0060.JPGIMG_0066.JPG

IMG_0085.JPGIMG_0114.JPG

討論終了後、持ち点制(持ち点6点を3作品に配点)による最終投票が行われ、各賞の規定に則り、受賞作品が下記の通りに決定されました。

建築工学科卒業設計各賞規定

①得票数上位8作品全てに「建築工学科卒業設計賞」を与える。

②得票数上位2作品は、名誉と伝統ある「桜建賞」に推薦する。

③得票数1位の作品には、「校友会奨励賞」を与える。

④得票数3位の作品には、「UIA記念賞」を与える。

⑤外部招聘審査員賞は、他賞との重複受賞を認める。 

■最終結果

得票数1位 桜建賞 建築工学科卒業設計賞 校友会奨励賞

 思いを受けとめ、届ける。 制作者 杉山 未沙(篠崎研究室)

170210_Diploma_Sugiyama.jpg             

得票数2位 桜建賞 建築工学科卒業設計賞

 林の奥に座して四顧し、傾聴し、睇視し、黙想す -国木田独歩文学館-  制作者 井手 優汰 (篠崎研究室)

 IMG_0079.JPG

得票数3位 UIA記念賞 建築工学科卒業設計賞

 反転する賑わいは都市の風貌を変える  制作者 堀田 昌宏(岩田研究室)

P2100027.JPG

得票数4位 建築工学科卒業設計賞

 結び  制作者 李 アルム(渡辺研究室)

得票数5位 建築工学科卒業設計賞

 Innovative Void Spaces  制作者 澁谷 夏海(渡辺研究室)

得票数6位 建築工学科卒業設計賞

 町工場があること。 -住工調和型集合体-  制作者 土屋 沙友(渡辺研究室)

得票数7位 建築工学科卒業設計賞

 あばれ櫓  制作者 福田 奎也(篠崎研究室)

最後に、本学と学術交流協定を結んでいる中国科技大學からゲスト審査委員として参加いただいた榕先生より、特別賞の「中國科技大學賞」が発表され、得票数8位の『蛇行する川  制作者 児林 幸輔(篠崎研究室)』が受賞しました。

得票数8位 中国科技大學賞 建築工学科卒業設計賞

 蛇行する川  制作者 児林 幸輔(篠崎研究室)

下写真:『蛇行する川』に見入る中国科技大學の榕先生(左)韻吾先生(右)

DSC05419.JPGDSC05417.JPG

IMG_0141.JPG各賞受賞者の皆さん

❀受賞者の皆さん、本当におめでとうございました。

今年度の卒業設計は、昨年度よりも模型のクオリティが向上したように思えました。なお、受賞作品は建築工学科ホームページの作品ギャラリーに掲載される予定になっていますので、在校生の皆さんは是非チェックしてみてください。今年度の卒業設計のエントリーリストを以下に示します。多くの学生が卒業設計にチャレンジすることを期待しています。

エントリー番号 作品名
1 蛇行する川
34067 児林 幸輔
2 水の生きたところ
34082 茂原 愛
3 スポーツの集合拠点
34127 中尾 友紀
4 巡る駅は街を紡ぐ
34041 岡田 夏樹
5 高層動物園 - 生命の集合は町のシンボルとなる -
34150 福住 陸
6 林の奥に座して四顧し、傾聴し、睇視し、黙想す ―国木田独歩文学館―
34018 井手 優汰
7 みちびく~水と風を利用した環境改善~
34040 岡田 夏稀
8 建築の表象
34135 西尾 勇輝
9 沈まない国
34168 松枝 朝
10 影を描くビル 〜日照による形態操作〜
24079 小山 敬一朗
11 鐘楼建築の耐震診断法
54801 木下 南帆
12 幕張横丁
34113 知花 拓郎
13 結び
34012 李 アルム
14 青い庭
34078 佐々木 聖
15 歩く
34215 渡辺 有紀
16 父が過ごした14日間
34169 松岡 穂高
17 未来に繋がる水の繋がり
34015 飯野 智也
18 町工場があること。-住工調和型集合体-
34115 土屋 沙友
19 結びめ
34103 高橋 さや香
20 URBAN SUNBRELLA~病んでいるメガポリスへの一つ提案~
34144 林 はるか
21 ガラクタの遷り変わり
34189 矢野 杏奈
22 「墓杜。」
34056 久納 恵太
23 包まれた競技場
34183 望月 雄馬
24 用水路を拓く
34174 三澤 一希
25 proscenium  都市 −プロセニアムマーチ−
34198 山下 ジロ
26 札幌の雪を考える
34023 岩瀬 右京
27 一つの居場所~永遠に住みつぐ可能性~
34007 浅岡 咲稀
28 君去らず
34167 増子 未知
29 足裏の記憶
34111 田丸 明日香
30 反転する賑わいは都市の風貌を変える
34160 堀田 昌宏
31 集いの場
34153 藤井 みどり
32 二季の景
34188 箭内 恒奎
33 一万人が育つ居場所
34197 山﨑 令奈
34 母の家
34194 山﨑 啓次
35 樹憶の継承
34208 吉冨 雄基
36 見て、観て
34213 渡辺 美沙子
37 冒険者たちの家
24195 山崎 海
38 こっちゃけ
34094 鈴木 満貴子
39 本の道
34178 三坪 咲歩
40 創の森
34068 小林 美穂
41 客室のある螺旋する杜 〜建築と庭園の在り方〜
34056 郡司 育己
42 十路十色(ジュウミチトイロ)−暮らしを彩る路地の家−
34118 筒井 祥平
43 培う、培われる。-緑と共生する都市の集合住宅-
34065 小林 あやの
44 思いを受けとめ、届ける。
34090 杉山 未沙
45 with dogs
34211 渡邊 葵理子
46 あばれ櫓
34152 福田 奎也
47 Innovative Void Spaces
34085 澁谷 夏海

K.Mikami