日大生産工学部建築工学科

現在地
ホーム  > お知らせ  > 全般  > 父兄の方向け  > 受験生向け  > 在学生向け  > 第18回宮脇賞の審査会が行われました。

第18回宮脇賞の審査会が行われました。

カテゴリ :
全般父兄の方向け受験生向け在学生向け
更新日時 :
2017年01月27日

居住空間デザインコースの総合講評会である宮脇賞の発表講評会が18回目を迎えて2017年1月7日に行われました。ゲスト審査員として建築家の北山恒さんを迎えての公開審査です。今回の出展作品は124点と過去最高となり、1次審査で24点まで絞り込まれ2次審査に挑みました。1等となる宮脇賞の審査は大接戦となり、1年生の山荘と、3年の民家再生と集合住宅の決戦投票となり、最後は宮脇賞に、集住デザイン「集うこと」(3年八橋夏菜)が、ゲスト審査員の北山恒賞には「分散型集合住宅」(3年加藤凪紗)が受賞しました。優秀作品は作品ギャラリーをご覧ください。(渡辺)

宮脇賞発表風景2016.JPG

審査風景

3H-八橋.jpg

宮脇賞に輝いた集住デザイン「集うこと」3年八橋夏菜

DSC_00272.jpgDSC_00322.jpg

「集うこと」3年八橋夏菜

3H-加藤.jpg

北山賞の集住デザイン「分散型集合住宅」3年加藤凪紗

DSC_0010.jpg

DSC_0175加藤.jpg