日大生産工学部建築工学科

現在地
ホーム  > お知らせ  > 全般  > 塩川博義教授と三上功生専任講師が、天津城建大学で招待講演を行いました。

塩川博義教授と三上功生専任講師が、天津城建大学で招待講演を行いました。

カテゴリ :
全般
更新日時 :
2016年12月03日

2016年11月29日(火)に、本学の塩川博義教授と私こと三上功生専任講師が、中国の天津城建大学建築学院で招待講演を行いました。

これは、日本大学大学院理工学研究科博士後期課程建築学専攻で博士(工学)の学位を取得された王岩教授(天津城建大学建築学院、ご専門:建築環境工学)より、学術交流の一環として、日本における建築環境・設備に関わる研究内容などを紹介してほしいとのお願いを頂き、行われたものです。

当日は、天津城建大学建築学院の若手教員、大学院生が多数集まって下さり、塩川博義教授は「音の世界」、三上は「脊髄損傷者の温熱環境」と題して講演を行いました。

大学院生達は始めて聞く内容に、新鮮な感覚を味わっているような表情を示していたのが印象的でした。

今回の学術交流が礎となって、天津城建大学と日本大学生産工学部との間で海外学術交流提携が結ばれることを期待する思いを抱きました。

塩川教授のご講演

PB290018.JPG

三上の講演

P1000528.JPG

講演を聞く大学院生ら

P1000530.JPG

集合写真(前列左から2人目の方が、招待してくださった王岩教授です。)

PB290028.JPG

天津城建大学建築学院の大学院生が作成して下さったポスター

海报2.jpg

三上 功生

関連リンク