日大生産工学部建築工学科

現在地
ホーム  > お知らせ  > 全般  > 第7回 日本大学桜門建築会学生設計コンペティション 受賞報告①

第7回 日本大学桜門建築会学生設計コンペティション 受賞報告① 

カテゴリ :
全般
更新日時 :
2015年12月12日

2015年11月21日(土)に、日本大学理工学部駿河台校舎CSTホールにて、『第7回 日本大学桜門建築会学生設計コンペティション 第2次公開審査』が行われました。

コンペのテーマ:みんなが集まる場所...
人々がたくさん集まる場所を考えてください。街中だったり、自然の中だったり、また図書館だったり、シェアハウスだったり、モスクだったり、公園だったり、商店街だったり、どのような場でもかまいませんが、どの街のどこに建つのか、どんな人々が何のために集まるのか、場所、立地、機能、その必要性、など、その建築の背景をよく考えながら、設計してください。これからの人々にとって、これからの時代にとって、私達の街にとって、こういうのがあるといいなというみんなの場所を、具体的に提案してください。

審査員: 西沢立衛氏(建築家)

生産工学部建築工学科、大学院博士前期課程建築工学専攻の学生たちの作品は、優秀賞1作品、佳作3作品と大健闘でした。

建築工学科ホームページでは、受賞作品を数回に分けて、掲載していきます。

今回は優秀賞を受賞した、日野一貴君と坪井里穂さん(ともに岩田研究室所属の4年生)の作品車の消えたもう一つの街 --シナプスタウン--』を掲載します。

『車の消えたもう一つの街 --シナプスタウン--』

桜門会コンペティション2015-01.jpg

学部広報担当:みかみ こうせい(建築工学科専任講師) 

関連リンク