日大生産工学部建築工学科

現在地
ホーム  > お知らせ  > 全般  > 国立近現代建築資料館で開催中の企画展において、広田研究室で製作した『国立西洋美術館』の模型が展示されています。

国立近現代建築資料館で開催中の企画展において、広田研究室で製作した『国立西洋美術館』の模型が展示されています。

カテゴリ :
全般
更新日時 :
2015年10月12日

現在、文化庁国立近現代建築資料館において、『ル・コルビュジェ × 日本 国立西洋美術館を建てた3人の弟子を中心に』が開催されいています(平成27年11月8日(日)まで)。

この企画展では、本学建築工学科の広田直行教授の研究室で製作した『国立西洋美術館』の精巧な模型が展示されています(下写真)。

無題-スキャンされた画像-01.jpg

近代建築の巨匠ル・コルビジェと3人の日本人建築家の弟子たち(前川國男、坂倉準三、吉阪隆正)の活動や、日本におけるル・コルビジェ唯一の作品『国立西洋美術館(1959)』の建設経緯、学術的・歴史的・芸術的価値などを深く知ることが出来るまたとない機会ですので、特に在校生の皆さんは是非足を運んでみて下さい。

学部広報担当:みかみ こうせい(建築工学科専任講師)

関連リンク