日大生産工学部建築工学科

現在地
ホーム  > お知らせ  > 全般  > 第85回日本建築学会関東支部研究発表会において、熊田健太君(当時学部生)が若手優秀研究報告賞を受賞

第85回日本建築学会関東支部研究発表会において、熊田健太君(当時学部生)が若手優秀研究報告賞を受賞

カテゴリ :
全般
更新日時 :
2015年06月05日

2015年3月2日(月)、3日(火)の2日間にわたり日本大学理工学部で行われた「2014年度 第85回日本建築学会関東支部研究発表会」において、熊田健太君(当時学部生)が発表した研究報告が、若手優秀研究報告賞に選出されました。本当におめでとうございます。

発表題目:FEM解析を用いた場所打ち杭施工時の山留め壁水平変位の簡易評価に関する研究

発表者(筆頭著者):熊田健太 (当時本学建築工学科4年生、2015年3月卒業)

連名者:下村修一(本学専任講師)、安達俊夫(日本大学理工学部教授)、酒匂教明(日本大学短期大学部准教授)

若手優秀研究報告賞受賞者一覧.pdf

関東支部研究発表会プログラム.pdf

若手優秀研究報告賞選考基準.pdf

学部広報担当:みかみ こうせい(建築工学科専任講師)


関連リンク