日大生産工学部建築工学科

現在地
ホーム  > 作品ギャラリー  > 光を届ける

光を届ける

制作者 佐野智香
指導者 渡邉康・齋藤由和・齋藤由和
制作年・課題 2019年・3×3×5,4
コンセプト

天井から光を取り込み各階の床の木のルーバーの本数を変え上の階に行くにつれ明るくなっていくようにした。家具で光を遮らないよう階段の下にトイレとシャワー室を設けた。太陽と月が動くことによりルーバーの影が変化しゆっくりとした時間の流れを感じられるだろう。

コメント

3m×3mしかない平面の中でも何不自由なく暮らせる空間を作り出し、同時に小さい中に在る開放感と住むことの楽しさを感じて欲しいと考えた。
課題:身体寸法を念頭に置いたうえで、人間の心理・行動・動作にも留意し、日々の暮らしに適応しうる成人2人のための最小限住宅を設計する。2019年度宮脇賞にて諸角賞を受賞した。