日大生産工学部建築工学科

現在地
ホーム  > 作品ギャラリー  > Innovative Void Spaces

Innovative Void Spaces

制作者 澁谷 夏海
指導者 渡辺 康
制作年・課題 2016年・卒業設計
コンセプト

生活・仕事・余暇が密接に関わり、それらの境目がなくなりつつある若者のライフスタイルをサポートする複合型集合住宅をヴォイド空間を用いて提案する。その空間にはそこに暮らす人・そこで働く人・そこを訪れる人が集い、彼らに新しい発見やコミュニティを与える。都市で働き、楽しむための意味を考える。

コメント

平成28年度 卒業設計審査会において、得票数5位 建築工学科卒業設計賞を受賞した。
作者コメント:2年時からのヴォイドにコミュニティをつくる、という自分の好きな課題に最後まで取り組み続けてこられたことは、いつでも親身に相談に乗って頂いた居住の先生方と、いつでも笑いあえた仲間たちがいてくれたおかげです。先生方、仲間たち、パースを教えてくれた林、お手伝いをしてくれた後輩たち本当にありがとうございました。