日大生産工学部建築工学科

現在地
ホーム  > 作品ギャラリー  > 離れのある暮らし

離れのある暮らし

制作者 甲山 冴子 
指導者 渡辺康・木下道郎
制作年・課題 2016年・集住デザイン
コンセプト

街+離れ
ありきたりな日常に変化をもたらす離れ。気持ちの切り替えやメリハリ、ちょっとした運動など、離れを持つことで毎日の生活をより豊かに、楽しくする集合住宅。
街路型の集合住宅で、街・社会・地域の人々を惹き付けて歩いていて楽しい空間をつくる。居住者が自室以外でも自分の居場所を見つけられる集合住宅を目指した。新宿御苑から敷地内へ緑が流れ込み、離れがあることで生活の中に緑を取り込む。母屋から離れの移動で気持ちの変化を促し、生活にメリハリが出る。

コメント

集合住宅を、敷地選定や住人のつながりなどを各自で企画・設計する課題である。2016年度宮脇賞にて木下(道)賞を受賞した。