日大生産工学部建築工学科

現在地
ホーム  > 作品ギャラリー  > SHOW CASE HOUSING

SHOW CASE HOUSING

制作者 中里麻衣
指導者 木下道郎・谷内田章夫
制作年・課題 2013年・集住デザイン
コンセプト

繊維街に多くある小さな問屋の集まりのように敷地内に小さい集まりを置き、この繊維街の一部に溶け込むような配置計画とする。各住戸の玄関部分をshow caseとして展示スペースにすることでこの集合住宅全体がギャラリーとなる。そして玄関がガラスになっていることで共用スペースとの連続性が生まれる。それぞれのshow caseは平面的にも立体的にも回遊できるようにした。住人同士も地域の人にもそれぞれの作品を通してコミュニティーが生まれることを期待する。

コメント

集合住宅を、敷地選定や住人のつながりなどを各自で企画・設計する課題である。2015年度宮脇賞にて谷内田章夫賞を受賞した。