日大生産工学部建築工学科

現在地
ホーム  > 作品ギャラリー  > GARDEN OFFICE

GARDEN OFFICE

制作者 児林 幸輔
指導者 廣田 直行・橋本 緑郎
制作年・課題 2014年度・建築設計Ⅳ・課題『小さなオフィスビル』
コンセプト

 建築をつくるということは建物の佇まいの問題であり、また風景の問題で、同時に都市の問題でもある。建築をつくると絶対に大きな気配というものがつくられてしまう。
よって良い気配、悪い気配のどちらかが必ずつくられる。それは周辺環境に及ぼす問題であるから非常に大切なのである。いついかなる環境でも変わらずに周辺に調和しつつ、
そして緩やかに関係をつなぐものとして、このオフィスで「庭」のような空間を構成した。
庭と建築の関係として、庭には環境と環境を結ぶ機能がある。その中和的な空間構成が人々の快楽を生み、環境との調和を生み、そして変わらずに持てる快楽を求める建築の
機能を生む。これこそが一番の理想形なのではないかと考える。建築の機能というのは効率とか経済とかいう意味以上にどこか快楽という側面を持つのである。
空間によって「ここで○○すると気持ちがいいだろうな」などと思うことがある様に、部屋の使いやすさすべてではなく、この部屋で機能を実現してみたいという様な感覚になる。
そんなどこか感覚に訴えかける環境、空間を提案。

コメント

2014年後期講評会 橋本緑郎賞