日大生産工学部建築工学科

現在地
ホーム  > 作品ギャラリー  > 自然に溶け込む山荘

自然に溶け込む山荘

制作者 小山 佳織
指導者 渡辺康・中山繁信
制作年・課題 2015年・水辺のセカンドハウス
コンセプト

3つの建物に分棟することによって非日常を演出する。
それをデッキで結び付けることで全体的な統一感を表現する。
デッキに規則性を持たせた形にする一方、
屋根を不規則な形にすることによって、デッキは地面へと
屋根は空へと“溶け込んでいく”家となった。
これによって境界線のない半屋外空間を作り出す。

コメント

山中湖畔の山荘を設計する課題である。樹木は切らずに環境に優しく、都心から来る住人の非日常の生活を考える。2015年度宮脇賞にて亀井靖子賞を受賞した。