日大生産工学部建築工学科

現在地
ホーム  > 作品ギャラリー  > つなぐあづま屋

つなぐあづま屋

制作者 林 はるか
指導者 渡辺康・谷内田章夫
制作年・課題 2015・集住デザイン
コンセプト

路地が魅力的な京島3丁目に両側町を基本とし、セットバックをした13戸の集合住宅を組み合わせて計画する。下町特有の生活風景のにじみ出しを1階での計画とし、住人や地域の人たちの交流の場を路地とした。2階では1本につながるガラスで囲まれたあづま屋に住人が集まるような仕掛けを作った。

コメント

集合住宅を、敷地選定や住人のつながりなどを各自で企画・設計する課題である。2015年度宮脇賞にて松永賞を受賞した。