日大生産工学部建築工学科

現在地
ホーム  > 作品ギャラリー  > 繋がる視線 切り取られる風景

繋がる視線 切り取られる風景

制作者 堀田 昌弘
指導者 岩田 伸一郎
制作年・課題 2014・設計演習Ⅳ第2課題「設計事務所の本社オフィス ~次世代型クリエイティブワークプレイス(働く環境)の創造~」
コンセプト

空間がつながるオフィスビルを提案します。
壁を放射状に配置することによって中心から建物の外側へ、向かっていき徐々に建物の外側に繋がっていきます。さらにその壁を曲げることによって中心から見えたり見えなかったりする空間が生まれ、ビルの中で働く人のプライベートを守りつつ、働く人同士とのコミュニケーションがとりやすいようになっています。

コメント

オフィスビルは普段訪れることもない環境だったのでイメージがしにくかったです。自分の中では固い建築というイメージだったので、とにかく楽しくみせようと探り探りでスタディをし、納得のいく形が出来ました。指導してくださった先生、先輩方ありがとうございました。