日大生産工学部建築工学科

現在地
ホーム  > 作品ギャラリー  > 線と面

線と面

制作者 小室 昂久
指導者 岩田 伸一郎
制作年・課題 2015・建築設計Ⅲ第1課題「キャンパスの中のレストハウス」
コンセプト

日本大学生産工学部のキャンパス内で学生一人ひとりが自分の好きな場所を選択して休むことができるレストハウス
~線と面~
二つの要素からなるこの建築は不思議な空間をつくり出した、敷地全体に張りめぐらされたフレーム(線材)に操作的にパネル(面材)をはめることで空間を分け、その空間のひとつひとつが違った雰囲気を演出する。また、建物の中には室内的な空間と室外的な空間があり、その中で学生は自分にあった「休む」を選択できる。

コメント

自分なりに納得できる作品に仕上がったので良かったです。案を練る段階で新鮮なアドバイスをしていただいた先生、先輩方にはとても感謝しています。