日大生産工学部建築工学科

現在地
ホーム  > 作品ギャラリー  > 郊外の孔

郊外の孔

制作者 加藤裕太
指導者 岩田伸一郎
制作年・課題 2015・赤レンガ卒業設計展 審査員特別賞(上位6点/235点中)
コンセプト

都心への一極集中によってもたらされた絶好の位置にある事から、郊外と定義付けされる地方都市。均質化した地方都市において昔からの風景として造りだしていた「地域産業」を生活の場として町との関係を作り出す。
効率性を重視する現代において大量生産・大量消費により、標準化された都市は地域性を失う。貯木の風景として古くから共有される地域産業 ―「木材加工の工場」でさえ効率化により衰退している状況である。
そこで、木材加工の工場を町と工場との関係性を作り出す場所として、町に閉じた工場に生活の場の介入を行い再構築する。
開かれた工場は地域に活動を生み、地域性を再び継承させる。

コメント

自分の中で納得のいく作品が出来たと思っています。
校内の結果に対しては、逆転できるチャンスはあったのではないかと今では後悔しています。卒業設計思うように進まない事もあると思いますが、努力の分だけ必ず自分に返ってきます。ありがとうございました。

リンク