日大生産工学部建築工学科

現在地
ホーム  > 作品ギャラリー  > まちの根 寄り合い所

まちの根 寄り合い所

制作者 山下大樹
指導者 篠崎健一
制作年・課題 2014年度 卒業設計/卒業設計賞
コンセプト

長い歴史の中、住人達の結束力は、長く太い「 木の根っこ 」のように
地域に根付き、どこまでも伸びていった。
そして、観光客も巻き込み、賑わう拠点も生まれていった。
ただ、年々減少する人口と年々増加する 新住人 達----
まちの活力を維持し続けるには、移り住んできた人々が、
まちに溶け込むきっかけが必要である。

結束する人々・観光客・移り住んでくる人々----
皆がつながり、集う、木の根の隙間をデザインする。
まちの根は、人々の流れをつなげ、隙間に居場所をつくる。
まるで、まちの心臓に絡み付く血管のような、
谷中のコミュニティセンターを提案したいと思う----。

コメント

辛くてしょうがないと思っていた卒業設計は、沢山の後輩達と触れ合い、関係を深める結果に終わった。

目標に届かず、皆を落胆させてしまったが、今の自分に出来る事を頑張り切れてよかったと思う。

次の目標に向けての活力となった、設計でした。