日大生産工学部建築工学科

現在地
ホーム  > 作品ギャラリー  > 波打つレストハウス

波打つレストハウス

制作者 松本龍
指導者 桑田豪
制作年・課題 2013・空間設計Ⅰ第1課題
コンセプト

日本大学生産工学部のキャンパス内に自分だけの好きな場所を見つけて休むことの出来る空間を創造するとともに、東邦生や地域住民との交流のできる誰もが利用しやすいレストハウスを提案する。

屋根と床
本来、屋根は一般的に人を日差しや雨から守るもの。床は建物や人を支えるもの。屋根と床を波打つようにひねったり歪ませたりすることで、ひとつひとつ違った色をもつ新たな空間が生まれた。そのなかで人々は、それぞれ違う「休む」というものに対する価値観や感覚に合った自分だけの空間を選択することができるようになった。