日大生産工学部建築工学科

現在地
ホーム  > 作品ギャラリー  > 柱の効果

柱の効果

制作者 皆川優衣
制作年・課題 2010年度 空間設計Ⅰ第1課題:キャンパスの中のレストハウス
コンセプト

人目を気にしないで休憩したい→壁のある場所へ行く→しかし風にもあたりたい。そこで『柱』に焦点を当てた。
柱で空間を区切ることで、風もとおり、圧迫感もなく、休憩できる。建物の中心に池を設けることで、長時間休むスペースと短時間休むスペースが区別される。