日大生産工学部建築工学科

現在地
ホーム  > コラム  > 行事報告  > H28年度 京都研修旅行について その3

H28年度 京都研修旅行について その3

カテゴリ :
行事報告
更新日時 :
2017年04月13日

3日を振り返って

(3日間を通した学生の感想です) 

とてもためになる体験でした。特に二日目の町家の改修後の現場は去年との違いが印象深かったです。

どの日も普段ならできない貴重な体験・見学ができ、参加して良かったと感じました。

特に、聴竹居は個人では中々行くことがない様な所で今回の研修旅行でなければいけないので、ぜひ来年も行ければいいなと思います。

来年も行きたいです!

全ての日が普通の旅行じゃ本当に出来ないことばかりで貴重な体験が出来てとても楽しかったです。特に3日目は職人さんに直接お話を伺えて、自分の考えでは至らないところまで教えてくださって面白かったです。残念だったのは夜間拝観が出来ないことでした。せっかくなら行ける日程にしてほしかったです。来年も行けるならもっと事前に勉強してから見学に行きたいと思います。

まず聴竹居の見学は毎年固定にしても良いと思います。

また、今回は一昨年に比べて個人的な意見ですが楽しいと感じました。

先生と仲良くなれる機会でもあると感じました。

 個人旅行では、できないことをたくさんさせていただいた。聴竹居を守るために周辺の人を巻き込むのは賢いと感じた。身を持って体験させてくれるところもありとても楽しかったです。

前回より、早く時間が流れた気がする、昨年と同じことをやっても楽しかった。

 修学旅行など行った京都とは全く別の見方、別の物を見てきて本当に楽しかった。一年の時は興味がなく、初参加だったが、今回いろいろな物を見て体験して、もっと早くにこの楽しさに気づいておけばと後悔した。先生方も毎回くると新しい発見があると言われて、早くにこの魅力に気づくことができたら、今回の研修旅行もより一層楽しいものになったのかなと感じた。

個人の旅行では見ることのできない住宅や体験をすることができ、工務店の方の説明を聞くことができて、とても有意義な時間を過ごせたと思う

学校では習えないことを自分の肌で感じながら体験することでとても勉強になった。特に聴竹居のデザインなどはとても感動したのでこれからの勉強に活かしていけるようにしたい。

個人だけでは絶対に体験できないような体験をさせて頂いた。また、各施設はじめ熊倉工務店の皆さんがとても親切で、親しみやすく楽しく、積極的に体験に参加することが出来たと思う。来年もぜひ参加したいし、回りにも積極的に広めていきたい。

四年間参加し、今年が最後の年になった。分かることが増えたり、建物を見るポイントなども変わってたように感じた。板金に関する体験などの新しい取り組みや、新たな見学場所。一度訪れた現場の完成を見ることが出来たりと充実した3日間だった。

3日目は、私の時間配分が悪く、全てには回ることが出来ませんでしたが、回った所は深いところまでお話を聞けたので、次回は聞けなかったブースを深く聞いて行こうとおもいます。

人生の中で一番短い3日間だったと思います。また、人生の中で一番早く成長した3日間でした。

多くのことを学び疑問に思い、体験する。建築に対する考えが成長しました。

学生のアンケートの抜粋となっておりますが、学生が非常に楽しんだ様子が伺えるかと思います。

来年も多数の参加をお待ちしております。 (研修旅行WG)