日大生産工学部建築工学科

現在地
ホーム  > コラム  > 教員コラム  > 2010年のオープンキャンパスの体験学習を振り返る。

2010年のオープンキャンパスの体験学習を振り返る。

カテゴリ :
教員コラム
更新日時 :
2016年09月20日

懐かしい写真が出てきましたので、筆をとりました。

私が赴任した2010年のオープンキャンパスの体験学習では、居住空間デザインコースと東京理科大学山名研究室の合同ワークショップとして『組立建築 -実際に住宅を組み立てている作業を見学!-』が行われました。

居住空間デザインコースの女子学生と東京理科大学山名研究室の学生が汗を流しながら、現在39号館が建っている敷地に『組立住宅』を作り上げました。

組立・解体が容易な『組立建築』は、災害時の避難施設や仮設住宅で活用されています。

このオープンキャンパスの半年後に東日本大震災が起こりました。

もし、震災後にこのワークショップが開催されていたとしたら、『組立住宅』に対する高校生の見方・感じ方もきっと異なっていたことでしょう・・・。

DSC08102.JPG

組立住宅(3).JPG

組立住宅(4).JPG

DSC08100.JPG

みかみ こうせい