日大生産工学部建築工学科

現在地
ホーム  > コラム  > 講演会  > 教員コラム  > その他  > 第12回 日本・韓国 建築材料施工 Joint Symposium 開催のご案内(第3報)

第12回 日本・韓国 建築材料施工 Joint Symposium 開催のご案内(第3報)

カテゴリ :
講演会
更新日時 :
2015年01月14日

第12回日本・韓国建築材料施工 Joint Symposium開催の御案内(第3報)

 

組織委員長(日本側)

日本大学 生産工学部

建築工学科

湯浅 昇

 

 日本・韓国建築材料施工Joint Symposiumも第12回を迎え、今回は、日本・幕張で開催される日本コンクリート工学会年次大会後、幕張に隣接する津田沼の日本大学生産工学部で開催することとなりました。多くの方々に奮ってご参加くださいますようお願い申し上げます。

現段階ではまだ詳細が確定していない部分もありますが、参加者予定数および論文発表者などを把握したいと思います。別紙添付ファイルの申込書を2015年3月31日(火)までに、メールまたはFAXにてご送付いただくか、本シンポジウムホームページ(URL: http://12-japan-korea-material.jimdo.com/)から申し込みをお願いします。

シンポジウムのURL

http://12-japan-korea-material.jimdo.com/

1.組織委員会(予定)
組織委員長   (日本) 湯浅 昇   日本大学

                     (韓国) 呉  祥根    ソウル科学技術大学校

                                Sang-keun Oh,

                                Seoul National University of Science & Technology

組織副委員長(日本) 長谷川拓哉 北海道大学

              (韓国) 金  圭傭    忠南大学校
                                 Gyu-yong Kim, Chungnam National University
顧問              (日本) 友澤 史紀  東京大学名誉教授

                                 田中 享二  東京工業大学名誉教授

                   (韓国) 金 武漢   忠南大学校名誉教授

                               Moo-han Kim, Chungnam National University

                                韓  千求    清州大学校 

                               Cheon-goo Han, Cheongju University 

 組織委員

 (日本)      

 阿部 道彦 工学院大学

 石原 沙織 千葉工業大学

 大久保孝昭 広島大学

 輿石 直幸 早稲田大学

 小山 明男 明治大学

 小山 智幸 九州大学

 千歩   修  北海道大学

 濱   幸雄  室蘭工業大学

 三上 貴正  東京工業大学

 三森 敏司 釧路工業高等専門学校

 宮内 博之 (独)建築研究所

 中田 善久 日本大学

 野口 貴文 東京大学

 山田 義智 琉球大学

 横山  裕  東京工業大学

(韓国)

 權寧璡 湖西大学校
 Young-jin Kwon, Hoseo University

 金振晩 公州大学校
 Jin-man Kim, Kongju National University
 南正樹 日本 東京工業大学
 Jeong-soo Nam, Tokyo Institute of Technology
 朴同天 韓国海洋大学校
 Dong-cheon Park, Korea Maritime and Ocean University
 裵基善 漢陽大学校
 Kee-sun Bae, Hanyang University
 兪在哲 忠南大学校
 Jae-chul Yoo, Chungnam National University
 尹顯道 忠南大学校
 Hyun-do Yun, Chungnam National University
 李建哲 韓国交通大学校
 Gun-cheol Lee, Korea National University of Transportation
 李相洙 Hanbat大学校
 Sang-soo Lee, Hanbat National University
 李翰承 漢陽大学校
 Han-seung Lee, Hanyang University
 崔亨吉 日本 室蘭工業大学
 Hyeong-gil Choi, Muroran Institute of Technology
 韓敏喆 淸州大学校
 Min-cheol Han, Cheongju University

 

2.日程および開催地

・日程  :2015年7月17日(金)~18日(土)

  ・開催地:日本大学 生産工学部 津田沼キャンパス

      (日本・習志野市泉町1-2-1)

 

3.スケジュール(予定)

 

2015年7月16日(木)

16:00~19:00 受付 (39号館6階ホール)

18:00~19:00 Welcome Reception (39号館2階食堂コーナー)

 

2015年7月17日(金) 9:30~ 受付 (39号館6階ホール)

9:50~16:30 特別講演 (同時通訳、39号館6階スプリングホール)

 9:50~10:00 開会宣言(同時通訳、39号館6階スプリングホール)

 10:00~10:30 湯浅 昇  日本大学 解体/非破壊試験/自然環境/表層

 10:30~10:45 阿部 道彦 工学院大学 耐久性

 10:45~11:00 大久保孝昭 広島大学 ICタグ・無線情報

 11:00~11:15 輿石 直幸 早稲田大学 防水

 11:15~11:30 小山 明男 明治大学 リサイクル/廃棄物処理

11:30~11:45 昼食 

 13:00~13:15 小山 智幸 九州大学 暑中コンクリート

 13:15~13:30 千歩  修  北海道大学 凍害

 13:30~13:45 濱  幸雄  室蘭工業大学 寒中施工

 13:45~14:00 中田 善久 日本大学 生コン・ポンプ/基整促

 14:00~14:15 野口 貴文 東京大学 日本の建築材料施工動向

 14:15~14:30 山田 義智 琉球大学 レオロジー

 14:30~14:45 横山  裕  東京工業大学 床性能

14:45~15:10 休憩

 15:10~15:40 金 武漢  忠南大学校名誉教授 金先生のライフワーク

 15:40~15:55 金 圭庸  忠南大学校 韓国の建築材料動向(コンクリート)

 15:55~16:10 呉  祥根  ソウル科学技術大学校 韓国の建築材料動向(仕上)

 16:10~16:40 韓  千求  清州大学校 韓先生のライフワーク

 17:00     ホテルニューオオタニ行きバス出発

18:00~ Symposium Banquet 受付 (ホテルニューオータニ幕張)

18:30~20:30 Symposium Banquet  (ホテルニューオータニ幕張)

 

2015年7月18日(土)

9:30~ 受付 (39号館5階ホール)

10:00~17:00 一般講演 (逐次通訳、39号館5階501/502/508室)

17:00~18:00 Closing Ceremony (39号館2階食堂コーナー)

 

4.参加登録料

・論文集代、Banquet費込み: 一般 30,000円(ただし、大学教員1名については所属学生1名分までを含む)、学生 10,000円

・同伴者のBanquetのみの参加: 10,000円

・賛助会費: 一口100,000円(3名分の論文集代・Banquet費、会議運営賛助、広告/展示)

  • 銀行振込先

    ・銀行・支店名:三井住友銀行習志野支店

    ・口座:普通 4441474
    ・口座名義:第12回日本・韓国建築材料施工ジョイントシンポジウム

     

    5.公式言語

    日本語、韓国語、英語

    (一般講演においては、韓国語および日本語で講演される場合、発表と討論に対して逐次通訳を入れます。なお、韓国語および日本語の論文・パワーポイントでは、可能な限り漢字を多用願います。特に図表では、ひらがなの使用を最小限とし漢字の多用または英語として下さい。

      

6.申し込み締め切り

○参加・論文発表申し込み:2015年3月31日(火)まで

○論文締め切り:2015年5月15日(金)まで

 

7.論文の執筆(別添ファイル参照)、および発表要領

・頁数は4頁, 6頁のいずれかとする(一般講演の場合)。

・論文の書き方:執筆要領を参照

・発表時間は20分 ①英語発表の場合 (発表15分、質問5分)

②日本語・韓国語の場合 (発表8分+通訳8分、質問4分)

※すべて口頭発表とします。

8.優秀講演賞の授与

  一般講演における日本側・韓国側双方若手(35歳以下の学位未取得者)講演3名程度に、Closing Ceremonyにて、優秀講演賞を授与します。

 

9.連絡先(日本側)

〒275-8575 習志野市泉町1-2-1

日本大学 生産工学部 建築工学科

Tel. 047-474-2510, Fax. 047-474-2499

委員長:湯浅 昇

関連リンク

関連ファイル