日大生産工学部建築工学科

現在地
ホーム  > コラム  > 行事報告  > 居住コース国内研修旅行の報告

居住コース国内研修旅行の報告

カテゴリ :
行事報告
更新日時 :
2014年09月19日

 居住コース 国内研修旅行の報告

平成26年9月4日から6日まで、居住空間デザインコースで奈良・京都国内研修旅行に行ってきました。

1日目は雨で少し足元が悪かったのですが、奈良公園周辺を歩き古都の名残や若草山などの豊かな自然を味わいながら東大寺南大門・大仏殿・二月堂、新薬師寺を訪れました。

01 新薬師寺325.jpg ◀新薬師寺にて

また中村好文先生の設計された住宅の建設現場に立ち寄り、好文先生本人からお話を聞ける貴重な経験もできました。この住宅地域の建築法に基づきながらもガラス瓦や屋根をくりぬいたテラスなどアイデアがたくさん詰まっていました。

2日目は慈光院、法隆寺、今井町、唐招提寺を訪れました。

慈光院ではお坊さんから茶の湯で人を招く場合に場所・建物に何が必要かとても興味深いお話が聞けました。法隆寺五重塔や唐招提寺ではエンタシスや寄棟造の屋根など、建築史で習った知識を実際に見ることで理解が深まり充実したものになりました。

02 慈光院325.jpg 慈光院にて

2日目の夜は主に関西で活躍されている河口佳介さんに講演会をしていただきました。

自然と調和する住宅づくりをされていて、私たちにもわかりやすく、とてもためになるお話をしていただきました。

03 河合圭介先生325.jpg 河口佳介氏の講演会にて

 (文責:居住コース2年 篠原真由・渋谷夏海(写真)・田丸明日香)