日大生産工学部建築工学科

現在地
ホーム > 建築工学科について > 建築工学科について

建築工学科について

建築工学科で「建築にとどまらない幅広い分野」を学ぶ

自然の荒廃が叫ばれている地球環境において、我々には限られた資源の節約と豊かな生活を両立させ、快適な空間と美しい自然を共存させる義務が課せられています。建築という学問は、人間の生活環境を創造する分野であり、それは家具・住宅から都市空間にとどまらず、それを実現するための建設技術と精神に潤いを与える社会科学・人文科学・芸術学を加えた人文領域から成り立っています。これから建築を学んでいく人たちは、そうした分野を総合的に、しかも学際的に習得していかなければなりません。

これからの時代は、普段何気ない生活を暮らしている人達でも、建築に対する専門知識と工学技術が求められます。とりわけ将来、建築の仕事に携わることを考えている人達は、こうした専門知識を基礎として、細分化された領域を横断的にマネジメントし、総合的に結果をまとめ上げていくオーガナイザーとしての役割が求められます。

こうした社会の要請に応えるため、生産工学部の建築工学科カリキュラムでは、従来の価値観にとらわれることなく、新しい価値と創造を生み出す発想力・応用力・対話力を養成し、問題解決能力を備えた人材を育成していくことを教育の最大目標に掲げています。